え、おすすめのTOEIC参考書はこれだけ?

 

本屋さんに足を運ぶと、何種類もの参考書がずら~っと並んでいるだけで、うんざりしませんか?

この記事では、「どれを選べばいいか分からない」人にむけて、厳選してまとめました。

ぜひ目次から、辿ってください。

 

 

TOEIC参考書の選び方

 

買いすぎに注意する

参考書を買う時って、ワクワクしますよね。つい買いたくなる気持ちは、よく分かります。

でも参考書を揃えるだけでは、英語力は上がりません。

大切なのは、1冊の参考書をしっかりマスターすること。最後までやりきることが肝要です。

そもそも、1冊の参考書をやり切るのは時間がかかります。毎日開き、何周もすべきです。何冊も複数の本を併用している時点で、勉強の仕方を大きく間違えていますよ。

コレクションとして買うのはOKですが、その中で本気で取り組むのは2~3冊までです。

(僕もつい買ってしまうが、結局はブックオフで売る。買取価格が安くて落ち込む。)

 

TOEIC用の参考書を選ぶ

 

TOEICは日本で最もメジャーな資格試験です。そのため「TOEICに特化した」教材が、(多すぎるほど)発売されています。

この状況で、わざわざTOEIC用でない参考書を選ぶ意味は、ありません。「あえて遠回り」しているようなものです。

例えば、「海外旅行の英会話のフレーズ帳」なんかは不要です。英会話の勉強としてはいいのですが、TOEIC対策としては無駄が多いのです。

TOEICに特化した参考書を使って、「回り道」せず最短ルートを進んでください。

TOEIC対策という、目的に合った参考書を選びましょう。当たり前ですが、できていない人が多い印象です。

ただし、TOEICのスコアが行き詰まった人は、気分転換の意味でも別の教材に手を出してみるのはアリです。

この先、「精読・英文解釈の参考書」と「発音の参考書」で、TOEIC用ではない教材を紹介しますが、あくまで+αの補助教材であるとお考えください。

なおTOEIC用の教材を選ぶ際は、旧形式ではなく、新形式のモノを選びましょう。2016年5月以前に出版された古い参考書は、選ばない方が無難です。

 

人気・定番のモノから選ぶ

 

売れ筋の参考書には、売れる理由があります。

多くの人に支持されているわけですから、一部の方がオススメする参考書よりも、ハズレが少ないです。

この記事では、僕のオススメに加えて、世間で人気の参考書も紹介しております。

 

ちなみにTOEIC教材で定番の参考書は、だいたいTOEICを知り尽くした著者が作っていることが多いです。

例えば、TEX加藤さん、東進の森田鉄也さん、ヒロ前田さん、関正生さんなどTOEIC満点のプロ達です。

好きな先生がいるなら、著者名から辿るのもオススメですよ!アマゾンの著者名をクリックすると、一覧を見れます。

TOEICをよく研究している講師の本なら、無駄のない勉強が可能です。中には韓国版TOEICまで研究している方もいます。

人気のモノから選ぶと、無難です・・

 

電子書籍・Kindleはレイアウトに注意

 

「人気だから間違いないだろう」そう思って購入し、多くの方が失敗します。

それは電子書籍を買ってしまうこと。

僕はKindleユーザーですが、参考書は絶対に「紙」で買います。

参考書は、電子書籍だと使いにくいです。例えば「右ページに問題、左ページに解説」という構成の本だと、Kindleで読むとページを行ったり来たりしながら読む必要があり、ストレスがたまります。

中には絶望的なレイウアウトの電子書籍があるので、要注意ですよ(笑)

どうしても電子書籍がいい人は、まず「無料サンプルを送信」などを押して、中を確認してください。

 

こんな教材はいらない

 

「聞き流し」系、多読用の洋書、「速読」系の参考書は、買わなくてOKです。

「聞き流し」系の教材

聞き流し系は、意味がないと思います。あるいは非効率です。

昔は「スピードラーニング」や「ネイティブイングリッシュ」などの聞き流しCDが流行りましたが、最近は聞かなくなりましたね。

本当に聞くだけで効果があるなら、もっと流行っていいはず。「聞き流し」が英語学習の、主流になってもいいはず。

 

「聞き流し」教材は、人間の「楽をしたい」欲求につけこんでいると思います。

 

それに高額な教材が多い。そういうこと。

 

「速読」系の教材

 

速読系も、いらないです。

速読も「速く読む」っていうより、ただ雑に読み飛ばしているだけだと思います。

速読をするぐらいなら、精読をした方がずっと英語力は伸びますよ。読むスピードは、意識して上げるのではなく、自然とあがるものだと思います。

 

洋書を多読する

僕も10代のころにチャレンジしたことありますが・・

toeic参考書として洋書は必要ない

内容が小学生むけなので、おそろしくつまらない

「大人向けの本を、読めばいいじゃないか!」と言われそうですが、難しすぎて読めないんですね。

子供むけといっても、辞書を使わないと読めなかったりする。「小学生むけの本を、辞書使いながら読む」ってかなりの苦痛です。

文章もかなり砕けていて、TOEICにあんまり出ない単語もよく登場します。TOEIC対策には、微妙です。

それに即効性もありません。ぼくはKindle版も合わせて10冊くらい読みましたが、英語力が上がっている感覚は全くありません。相当読まないといけないんじゃないかな。やっぱり洋書でも、多読より精読がオススメですね。

あと、、結構お金かかります。子供向けの薄い本なので。スグに読み終わるので。。

購入の際には、Kindle版を勧めます。輸入になるため、高価な本が多いからです。Kindleなら、比較的安いです。

 

もちろん、「英語の勉強」としてはアリです。分からない単語を書き留めて、、とか本気で取り組めば英語力は上がると思います。

洋書に興味があるなら、読んでみるのは悪いことではありません。(※しつこいけど、TOEIC対策ではなく、英語の勉強という意味でね。)

その際には、「伝記」を読むことを勧めます。伝記なら大人でも読めます。


 

 

【総合対策】TOEIC参考書ランキング

 

1位.『公式問題集』は本番に強い

定番の公式問題集。

またかよ・・」と思われたかもしれませんが、多くの人が推薦するのには理由があるのです。

2020年2月21日に、最新の『公式問題集 6』が発売されています。

良いところ

TOEICには過去問が存在せず、世の中にある問題はすべて「予想問題」となります

なので普通の問題集だと、「TOEIC本番とのズレ」が必ず生じてしまいます。

ところがこの『公式問題集』は、TOEICを開発しているETS(Educational Testing Service)が作った問題集。

つまりTOEIC本番にもっとも近い問題なのです。しかも本番と全く同じプロセスで作っているそうです。難易度も本番にかぎりなく近いでしょう。

公開テストを受けた際に、問題集と本番とのズレに違和感を感じることなく、いつもどおりの感覚で取り組めます。

 

とくに「リスニング」にメリットがあります。収録されているは、本番と同じ、公式ナレーターの音声です。

やっぱり「聞き慣れている声」の方が、聞き取りやすいです。本番で流れる音声が、「初めて聞いた声」と「聞き慣れた声」とでは全く違います。

それに聞き慣れている声の方が、落ち着いて試験に望めますよね。普段どおりの実力を発揮しやすいのです。

悪いところ

他の問題集や模試に比べると、少し値段が高いです。

「過去問を流通させず、公式問題集の値段は高い」

資格ビジネスの闇?を感じますね。

これがお前らのやり方かぁ~!

 

2位.『直前の技術』はテクニック集


殿堂入りの定番の参考書です。アルクが出版。

30年以上にわたってTOEICを教えてきた有名著者ロバート・ヒルキさんの本。ヒロ前田・相澤俊幸さんとの共著。TOEICを知り尽くしたエキスパート達が書いています。

目標スコアは「600 ~ 800」となっていますが、900を超えた上級者でも使えます。対象者は「TOEICテクニックを知りたいすべての方」ですね。

 

いいところ

初心者であれば、直前でも間に合うところでしょう。「受験票が届いてからでも間に合う」ことを謳っています。11日間で、スコアが上がりやすい順に取り組めるようになっています。

「初めてのTOEICが2週間後だけど、まだノー勉w  間に合わない!」なんて方には、短期集中のピッタリな本です。

 

上級者は、この本の「問題は解かなくてもいい」です。この本をパラパラめくって、「使えそうなテクニック」を普段の学習に取り入れてみる。「TOEICテクニックの辞書」として使うといいです。

僕はリスニング475 / 495を取ってからこの本を買いましたが、面白く読めました。例えばpart2で放送される質問を「提案」「依頼・命令」と命名しているテクニックが役に立ちました。テクニックを丸暗記していはいませんが、放送中に「あ、これは提案だな」と意識するだけでも、回答に自信が持てるようになります。part3 & part4も同様で、ただ聞くのではなく、「情報を整理しながら放送を聞く」姿勢がみにつきました

無理やりなテクニックも多いのですが、上級者ならそれを取捨選択できます。

 

悪いところ

『直前の技術』を使っても、英語力は上がらない。テクニックしかみにつかないのが難点です。

個人的には「初級者」にはあまり勧めない本です。使えばスコアは上がりますけどね(笑)

英語力なんてどうでもいい。とにかくTOEIC700点を取りたい!みたいな方にはいい本ですね。

あくまで英語力を伸ばしたい方は、他の本との併用を勧めます。また先程もいったように、「無理やりなテクニック」も多いです。合わないテクニックを、嫌々に採用する必要はありません。

また「悪いところ」では無いですが、TOEICテクニックは、かなり一般に普及しています。すでに知っているテクニックばかり!なんて人もいるでしょう。

「すでに様々な本を読んで、いろんなテクニックを見てきた!」って人は、わざわざこの本を買わなくてもいいです。

 

3位. 『世界一わかりやすい』シリーズ

いいところ

名前の通り、とてもわかりやすいです。授業は立ち見が発生するほどの超人気講師である「関先生」の解説を、参考書で読むことができます。

TOEICの解き方はもちろん、単語や表現レベルで、「強烈に印象に残る」解説があります。英語が苦手なTOEIC入門者でも、面白く取り組める本だと思います。

他の参考書は、TOEICの解き方やテクニックに終始しがちなところ、『世界一わかりやすい』シリーズでは、「英語力そのものを伸ばそう」という姿勢が強く感じられます。

悪いところ

「世界一分かりやすい」シリーズは、市販の参考書の中でもっとも分かりやすいです。

ただ冊数がかなり別れていて、すべて買うとかな~りお金がかかります。ぜんぶ合わせると、1万円を超えるのです。DVD付きのバージョンも発売されていますが、さらにお高くなります。

関先生の分かりやすい説明をお望みならば、「スタディサプリTOEIC」の方がコスパは高いです。

動画の方が、内容を理解しやすいですし、スタサプTOEICには他にも優れた機能があります。

参考書を選ぶメリットが薄いです。

 

4位. はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略


出版社はアルクです。

いいところ

「TOEICの申し込み~試験当日の流れ」までがわかりやすく書かれています。また全体的に問題は「簡単」で、初心者むき。問題は600点突破・730点突破レベルと、点数別に分かれています。

時間配分も細かく、「約90秒」「約25秒」と書かれています。ピッタリこの数字通りである必要はありませんが、回答の流れをイメージしやすいと思います。

問題の解き方も、よくまとまっています。「実力UP 勉強法」では、著者がオススメする各パートの勉強法があり、今後の勉強法までカバーしています。

「はじめてTOEICを受けるが、何か勉強しておきたい」初心者おすすめの本です。

悪いところ

詰め込みすぎたかな~」という印象です。中途半端になっています。

例えば「スコアアップ直結の頻出表現・語彙50」が、各パートの終わりについています。しかし単語やフレーズがただ並べてあるだけで、覚えやすいとはいえません。単語帳を買う方が100倍いいです。

また問題数も少ないです。この演習量では、英語力はあまり上がらないですし、解き方も染み込まないと思います。

情報量だけが多くなり、この参考書に取り組んだ後は『公式問題集』などで演習を積む必要があります。

 

【分野別】TOEICにおすすめの参考書

 

おすすめの単語帳は?

  • 金のフレーズ
  • 銀のフレーズ
  • 金のセンテンス
  • 世界一分かりやすい TOEIC単語帳

の4冊がオススメです。

とくに金フレが圧倒的に人気です。薄いし、コンパクトです。どこの本屋にでも売っています。


語彙力は、TOEICと強い相関があります。

part5の語法・語彙問題に直結するのはもちろん、単語は全パートに関わりますからね。めっちゃ大切です。

ここでは紹介しきれないので、別記事にしました。ぜひ自分にピッタリの単語帳を見つけてください。

金フレでいいの?TOEICにおすすめの英単語帳&覚え方をご紹介

 

英文法の参考書 ~ part5対策に

 

『TOEICでる文法問題1000問』

 

評価★5
対象者part5 に苦手意識を持つ人
レベル500点→ 990点まで

超売れ筋の参考書。ベストセラーです。この参考書を選んでおけば、OKです。著者はおなじみのTEX加藤さん。加藤さんが書く本はどれも人気ですね。

対象者は、幅広いです。「part5 に特化した勉強をしたい人すべて」になります。コンセプトと対象者が、しっかりしているのがいいですね。

大量の問題演習を通して、part5の解き方を体で覚えさせます。「え~っと」と頭を悩ませていては、TOEICでは時間が足りません。いい方針だと思います。forestなどの総合文法書は、見るばっかりで眠くなりますもんね。

『TOEICでる文法問題1000問』の使い方は、初心者なら前から少しずつ読んでいけばOKです。答えが分かった問題でも、解説をシッカり読みましょう。文型や品詞分解など、基礎から教えてくれます。文法は英語の土台であり、part5だけでなくリスニングや長文にも関わります。

上級者であれば、見出しだけサラ~っと見れば各タイプの問題の解き方は、理解できるはずです。一気に2~300問解いて、①間違えた問題 ②自信が無い問題だけ、解説を読むのが効率的です。それらはもう1度、時間を開けて解く。そうすればpart5の苦手意識は無くなります。

 

リーディング対策に有効? 精読英文解釈の参考書

 

ここでは、他のブログではまり紹介されない、参考書をお伝えします。

リーディングで行き詰まっている方が、壁をぶち破るための参考書です。

リーディング対策の基本は、普通のTOEIC用教材でOKです。ここでは「行き詰まった人」のための、+αの参考書をお伝えします。

 

英文解釈・精読とは、少し難しい文章の構造を読み解くことで、英文の仕組みを理解していく勉強法です。「量より質」の勉強法だと、考えてください。

英文解釈・精読は、TOEICにも有効です。とくに「なんとなくでしか英文を読めていない」人は、一気に成績が伸びるでしょう。

1文が読めないのに、長文が読める訳がありません。1文、1文を丁寧に読むことで、最終的には長い文章を読解できるようになるのです。

 

大学受験では「精読」は定番ですが、TOEIC用の本は少ないです。TOEIC等の日常英語では、難関大に出てくるような高度な構文は出てこないからです。

そこで「高校の基礎レベル」の、英文解釈本を選ぶのがオススメです。(『英文読解の透視図』や『ポレポレ』などは、TOEIC対策としてはレベルが高いので注意してください。)

なお精読用の教材では、英文をカッコでくっくったり、スラッシュリーディングするのが定番です。しかしTOEIC本番は「書き込み禁止」なので、最終的には「()や/」を入れなくても読めるようになってください。

以下はTOEIC対策にオススメの「英文解釈」の本です。

 

ビジュアル英文解釈 part 1

評価★4
レベル中学生 ~ センター試験

僕も高校生のころに利用しました。簡単な文章から始まり、最後にはセンター入試レベルの英文が出てきます。

「目の動き」にこだわっている本です。英文は右から左に、上から下に読むのが鉄則。この『ビジュアル英文解釈』を読めば、前から順番に・読んだ瞬間に一発で意味をとる方法が学べます。

予備校の駿台が出版しています。著者は伊藤和夫さん。初版が1987年とかなり古いですが、今でも根強い人気がある参考書です。「ロングセラー」であることに魅力を感じる人は、手にとってもいいでしょう。

出てくる英文は、TOEICとはかなり違います。ただ思わずクスッと笑うような、面白い文章も多いです。TOEIC対策で息が詰まっている方には、いい気分転換になるでしょう。

なおpart2は難しいので、TOEIC用としては買わなくてOKです。

 

僕はふつうの大学生ですが、3ヶ月という短期間で、しかも初めての受験で925点を取っています。

高校生のころに「英文解釈」をシッカリやっていた事が、大きかったと思います。

受験英語はバカにされがちですが、英語力の確かな土台にはなっています。

リーディングに行き詰まっている人は、「英文解釈」の参考書を1冊やると、700点・800点の壁を超えられるでしょう。

 

『英文解釈の技術70』

評価★4
レベル中学生 ~ 高校基礎

もう1冊、『英文解釈の技術』も、人気の参考書です。70と100がありますが、TOEICには70でちょうど良いです。ただ上級者には物足りないかも。

『ビジュアル英文解釈』と違って、英文解釈のテーマごとに並んでいます。後からも復習しやすい構造です。

本屋さんにはだいたい置いてあるので、中身をみてください。(※英語コーナーではなく、高校生の参考書コーナーにあります

 

リスニング対策に有効? 発音の参考書

リーディング対策の基本は、TOEIC用の参考書でOKです。ここでは+αの参考書をお伝えします。

今度は誰にでもオススメできる、「発音」の参考書です。直接的なスコアアップは望めないものの、間接的な効果は見込めます

自分が発音できない音は、聞き取れない」とよく言われます。発音の練習は、スピーキングだけでなく、リスニングにも有効です。

 

『オドロキモモノキ』

発音の本って、「舌の動かし方とか、口の形とか」小難しいことがたくさん書いてあります。でも『オドロキモモノキ』は超シンプルにまとめています。

たぶんコレでは、ネイティブの発音にはなれません。でも発音の勉強の「楽しさ」を知れるいい本でした。

今まで「発音なんて気にしたこと無い」って方に、ピッタリの参考書です。1週間くらいで終わりますよ~

 

僕もこの本を読むまで、「LとR」の発音の違いすら分かりませんでした(笑)

でも『オドロキモモノキ』は、小難しいことが書いてないので、発音に苦手意識がある人でも取り組みやすいです。


また『英語耳』という参考書も、広く支持されています。中身を見ましたが、内容は『オドロキモモノキ』とよく似ています

人気の参考書がいい人には、定番の『英語耳』がオススメです。

 

厳選した最強のTOEIC教材3選

 

参考書より10倍オススメのTOEIC教材

 

当ブログでは、参考書よりも「スタディサプリ TOEIC対策コース」をオススメしております。

CM等で気になっている人も多いではないでしょうか。超人気サービスで、シリーズ累計470万ダウンロードを突破しています。

 

とくにリスニングが凄すぎます。

アプリであることのメリットを最大限に活かしており、参考書で勉強するのがバカらしいです。

 

ぶっちゃけ、参考書で勉強するのは時代遅れ。

これからの時代は、スマホで勉強するのがオススメです。

費用もあんまり変わらないですよ。

下手にあれこれ参考書を買うより、最初からスタディサプリを使うことをオススメします。

僕は『金フレ』+スタディサプリTOEICのみで、925点をとりました。

 

最低限のTOEIC教材ルート

 

「何から始めていいか分からない人」のために、TOEIC925点の僕が推薦する、最低限のTOEIC参考書ルートをご紹介。勉強量は少なく、かつ高得点をとることができます。

以下の3つのステップの順番に、あるいは組み合わせて使うのがオススメです。

たくさんの参考書を買えば、成績が上がるわけではありません。本当にいい教材に、集中して取り組むのが正しい勉強法です。

 

STEP.1
英単語帳

月1,000円程度

1番人気は金フレですが、他の単語帳でもOKです。こちらの記事も参考にしてください。

金フレでいいの?TOEICにおすすめの英単語帳&覚え方をご紹介
STEP.2
スタディサプリTOEIC対策講座

月2,480円~

スタディサプリがあれば、他のTOEIC教材は無くていいです。

詳しくはリンク先をご覧ください。

スタディサプリTOEICの口コミ・評判 口コミ|3ヶ月で925点のワイ「スタディサプリTOEICは効果ないとか言ってる奴ww」
STEP.3
公式問題集

他の参考書は、スタディサプリに負けます。ただこの一冊だけは、外すわけにいかない。

実際のテストを作っているETS公式の問題に触れておくことは、計り知れないメリットがあります。

詳しくは「1位.『公式問題集』は本番に強い」で書いたので、そちらをどうぞ。

 

当ブログが勧める、最強の学習ルートです。